ルームメイト山本の日々

みなさんのルームメイト、山本が日々を綴るブログ

【出会いはマッチングアプリ】ネットワークビジネスに勧誘されに行った話【後編】

マッチングアプリで会った女性からカフェでネットワークビジネス(MLM)の勧誘を受けた話です。

 

前編はこちら

【出会いはマッチングアプリ】ネットワークビジネスに勧誘されに行った話【前編】

 

 

PCポチポチ女性と対面した僕。マルチ勧誘への疑惑はすでに確信に変わっていました。

もう仕事の顔してるんだもんね。相手。

「これから恋が始まっちゃうかも!?」みたいな、そういうドキドキワクワクが全く伝わってこないわ!

 

旅行好きでよく海外にいってらっしゃるせいか謎の帰国子女感を漂わせてるし。

初対面にも関わらず、相手は非常に落ち着いていました。

 

おそらく相当な数こなしているのでしょう。

 

コーヒーを飲みながらたわいもない話をしました。

今日ここに来るまで何をしてたかとか、趣味とか仕事の話とか。

 

一応僕も頑張ってお互い楽しくなるように会話を広げました。

 

でも全く手ごたえがないんですよね。不思議と。

盛り上がらないのは僕のトークスキルのせいなのですが、盛り下がることもなく、平坦な空気の中何かしらを話している状況が続きました。

 

そう、まるで何かタイミングを待っているかのように・・・。

 

 

しばらくそんな感じで話をしていたところ相手から質問されました。

 

相手「そういえば旅行好きって言ってたよね?」

 

相手「普通よりも格安で旅行に行ける方法があるんだけど興味ある?」

 

 

 

来ました。

 

 

来ました。(大切なことなので2回言いました)

 

世の中、旅行が嫌いな人なんてめったにいないし、格安で旅行に行けるとなったらそりゃ興味ありますよね。

 

山本「格安で旅行に行けたらうれしいよねー」

 

興味が無いと言うのも変ですし、僕も我慢してここまで乗っかってきたので彼女のペースに合わせます。

 

どうやら彼女はとある旅行サービスの会員らしく、会員になるだけで格安で旅行に行けるらしいです。

会員になることで年会費はかかるのですが、新規会員を紹介することでポイントが入り、ポイントによっては年会費どころか旅行代もタダになるというすごい特典があるそうなのです!

 

 

おい、真っ黒じゃんか!

 

 

はい、やっぱりマルチの勧誘でした。

この時の僕の感情、自分の予想が当たった嬉しさ99%、恋愛としての収穫がゼロなことへの寂しさ1%。

 

そんな感情で「へーそうなんだ」と煮え切らない反応をしていたところ、彼女から相手が。

 

相手「言葉で説明するの難しいからこれを読んでみて。詳しく知りたかったら今度説明会があるからそこに参加してみて」

 

そう言って相手は8P程の冊子を僕に差し出しました。

 

読めと?今この場で?

初対面の男女。冊子を黙読する男、それを見守る女。

 

めちゃくちゃシュールな光景になりますね。

 

当日家に帰って調べた所、このMLMの特徴はこの冊子による説明のようでした。

「トークに不安がある方でも冊子を読んでもらうだけだから安心!」といううたい文句のようです。

口下手でも大丈夫というメリットのほか、あくまで冊子を読んで説明会に来ただけだから「これは勧誘ではない」というかなりグレーな言い訳も含んでいるようでした。

 

 

そんな冊子ですが、結論としては僕は一切読みませんでした。

 

以前アム〇ェイの勧誘を受けた時に映像を流されて、そこにサブリミナル効果が仕込まれているみたいな情報を聴いていたので、この冊子も読んだら洗脳されるんじゃないかという恐怖があったんです。

 

でもこの流れで冊子を読まないのも変ですよね。

中身をちゃんと見ないようにパラパラとめくり、苦し紛れに言い訳しました。

 

 

山本「なんか、文字がいっぱい並んでるの読むの苦手なんだよね」

 

 

なんだよその理由は!

とてもじゃないけど高い識字率を誇る日本で通用する言い訳ではないよ!

 

 

これには百戦錬磨の相手もびっくりした様子。

相手「え~なにそれ。そんな事言う人初めて~」

 

 

でしょうね。

こんな形で女性の「こんなの初めて」を頂くことになるとは思いませんでした。

 

 

僕の言い訳に納得したのか、こいつヤベェと思ったのかわかりませんが、冊子を引っ込めてくれました。

 

するとまあ漂いまくる今日はこれでお開きの雰囲気。

 

「はい、今日はおしまい」ってもう空気が言ってましたね。

 

お互いにこれ以上居ても何も生まれないと感じたのでお開きに。

カフェ代は別会計で支払いを済ませて外に出ました。

 

彼女はこのあとペットショップに寄って買い物していくとのこと。

口には出していませんでしたが付いてくんなよオーラが凄かったです。

付いて行く気なんて毛頭もないけどな!

 

別れて時計を見たら待ち合わせからキッカリ1時間でした。

そうそう、商談や打ち合わせは長けりゃ良いってもんじゃないからね!

 

 

ちなみにこの人、いまだにLINEとFacebookで繋がってたりします。

もちろん連絡を取ることなんてないですが、タイムラインには旅行先で楽しそうにしている写真と共にポエミーな短文がたまに流れてきます。

 

こんな風にすべて順風満帆みたいな投稿をしている裏で僕みたいな男をマルチにひっかけているのかーと思うと、なんとも言えない気持ちになります。

 

結論!

マルチ勧誘を受けるのはむなしさしか残らない。

 

みんなは気を付けてくれよな!

 

それじゃまた

 

関連記事

【たぶん、いや絶対マルチ】渋谷の本屋で話しかけられて怪しい勧誘を受けた話

 

パーフェクトペット|柴犬

パーフェクトペット|柴犬