ルームメイト山本の日々

みなさんのルームメイト、山本が日々を綴るブログ

稀勢の里引退に相撲素人が思う事

横綱稀勢の里、引退を表明しましたね。

 

ブログのテーマにしてますけど相撲全然詳しくないです。

稀勢の里がいつ頃横綱になって何回優勝したかも知らないです。

横綱」って出すために「よこずな」って打っちゃうくらい知らないです。

 

世間的には(メディア的には)引退になって残念、という感じですよね。

でも昨日とか「3連敗、稀勢の里引退か!?」みたいに世間が引退を煽っていたようにも感じました。

 

メディアが「引退か!?」みたいに報じなければしれっと横綱続けてたかもしれないですよね。

「なんか誰も引退って言わないしもうちょっといいかな」みたいな。

「13敗したけど誰も何も言わないからもう1回頑張ろう」みたいな。

 

それとも僕が知らないだけで相撲界的にはそういうシキタリなんでしょうか。

野球とかサッカーなんかはそこまで引退を煽らないですよね。

日常会話で今年いっぱいかな、みたいな話はすると思うんですけど、メディア(特にテレビ)が大々的に「引退か」みたいに言わないですよね。

 

今僕は相撲を知らないから疑問に思ってますけど、相撲を知るようになるとこれに違和感を覚えなくなっちゃうかもしれないですね。

 

なんか「進撃の巨人」で似たような話がありますよね。

始祖の巨人の力を手に入れたら壁を越えていこうと思ってたんだけど、始祖の巨人の力と王の記憶を手に入れたらやっぱ辞めようってなっちゃうやつ。

 

俺はこの世界を変えてやる、と思ってその世界に飛び込んでいったら結局そこの考えに染まっちゃうみたいな。

いろんなところでありそうですよね。そういう話。

 

それじゃまた

 

進撃の巨人(1) (週刊少年マガジンコミックス)

進撃の巨人(1) (週刊少年マガジンコミックス)